アットベリーの口コミ

アットベリーの口コミを綴ったブログです。脇の黒ずみに美白効果があると言われている薬用アットベリーのジェルを実際に使ったので、毎日というわけにはいきませんが、できるだけ画像でビフォーアフターがわかるようにしました。脇の黒ずみだけでなく、デリケートゾーン、Iライン、V ライン乳首などの黒ずみが気になっている方もぜひご覧いただきたいと思います。

アットベリーを使った私の口コミ・初日編

 

アットベリーを使った私の口コミをまとめました。脇の黒ずみが気になっていたので、以前から気になっていた薬用アットベリーをやっと使ってみました!

 

アットベリーはこんなふうに女の子らしい可愛い箱に入っています。細かいところまで気を配ったパッケージで気分が上がります。リボンがあしらわれているところが可愛いと思います。

 

アットベリーの蓋を開けてみると、見た感じどろっとした、クリームというよりもジェル状の物が入っていました。匂いを嗅いでみるとローズ、薔薇の匂いがします。きつすぎない微かな香りで毎日使っても苦にならない感じがします。

 

アットベリーのクリームを手にとってみるとやっぱり見た目通りどろっとした感じがします。でもこっくり重いというほどではなく、とても伸びがよさそうです。

 

アットベリーを使い始める前の私の脇の黒ずみの画像です。ビフォー画像ですね。
レーザー脱毛をしたので今はカミソリを使用することがほとんどありません。でも、それまでのカミソリ使った自己流の脇の脱毛のせいで黒ずんでいます。

 

今のままではノースリーブを着ることも電車のつり革を持つこともできません。恥ずかしすぎます。私の脇の黒ずみがアットベリーで、どのように変化するのでしょうか?

 

脇の黒ずみの部分にアットベリーを塗ってみました。写真の量を実際にわきの下に乗ってみましたがすぐには浸透しません。このままべたべたすると服を着るのも気持ちが悪いなと思いましたがアットベリーを塗りこんでいくとだんだんジェルが浸透する感じがしました。

 

この後、私はわきの下にうちわでパタパタと風を送り込んでできるだけ早く乾燥するようにしてみました。
アットベリーを塗るお勧めの回数は1回あたり2度塗りだったので、2回目を早く塗りたいと思い、自己流でこんなふうにしてみました。

 

ある程度乾いてから2度目のアットベリーを塗ります。その後は脇を閉じるようにして体温でアットベリーのジェルがさらに浸透するようにしてみました。

 

アットベリーが効果なしと言われることがありますが、私はこの二度塗りがポイントだと思います。アットベリーのカタログにも「アットベリーは二度塗り処方です」と書かれています。でも実際には二度寝るのが面倒で一度しか塗らない方が多いのではないでしょうか。?

 

アットベリーを塗った後の脇の感触は、さらさらというのは違うと思いました。どちらかというとしっとりという感じです。

 

脇の下がこんなにしっとりしたことはいまだかつてなかったかもと、日中何度か脇の下を触ってみました。時間が経ってもしっとりとした感覚を保っていました。
これから1週間、1ヶ月、2ヶ月とアットベリーを使い続けていくのが楽しみです。

 

アットベリーを使った私の口コミ・翌日編

 

アットベリーを使った翌日の様子を口コミします。
1日たったアフター画像です。

 

1日では全然変わった感じはありません。当たり前ですね。いくらアットベリーが脇の黒ずみ専用の美白クリームだとしてもたった1日で効果が出るはずがありません。

 

昨日と同じく脇の黒ずみにアットベリーを塗りこみます。こうした地道な努力が大切なんですね。

 

アットベリーを使った私の口コミ・1週間後編

 

アットベリーを使って1週間たった様子の口コミです。
(もうしばらくお待ちください)

 

アットベリーを使った私の口コミ・1ヶ月後編

 

アットベリーを塗って1ヶ月たった様子の口コミです。
(もうしばらくお待ちください)

 

アットベリーを使った私の口コミ・3ヶ月後編

 

アットベリーを塗って3ヶ月たった様子の口コミです。
(もうしばらくお待ちください)

アットベリーを使った私以外の方の口コミ

 

アットベリーを使った方の私の口コミだけを見ても信用できないと思うかもしれません。そこで、アットコスメやネット上から悪い口コミも良い口コミも両方探しました。

 

アットベリーの口コミ・アットコスメ編

 

アットベリーの口コミをアットコスメで探してみました。沢山の口コミ件数があったのですがアットベリーを製造しているメニーナ・ジューという会社が、モニターにアットベリーを配っていたらしく、それだと正しい判断ができないので購入者の口コミに絞ってみました。

 

アットベリーの悪い口コミ・アットコスメ

 

  • アットベリーを膝の黒ずみに使ってみたけれど目に見える効果はありませんでした。
  • アットベリージェルの量が少なく、伸びがいいけど、効果はあまり感じませんでした。
  • 3ヶ月以上使ってみましたが効果はあまり感じられませんでした。

 

アットベリーを使ってみたが悪い口コミにはこのようなものがありました。

 

アットベリーの良い口コミ・アットコスメ

 

  • 肘や膝の黒ずみに使っていますが、アットベリーを使い続けるうちに肌が柔らかくなってきて黒ずみに変化に出てきました。
  • 使い続けるうちに乾燥でカサカサだったのがだんだん気にならなくなって、黒ずみがだんだん薄くなってきてる感じです。
  • 二の腕のブツブツが気になって、アットベリーを使っています。1週間目で消え始め、2週間目では八割方消え、3週間目では、二の腕がツルツルしています。二の腕のブツブツが気になっていたのでアットベリーでこんなに早く効果が出てびっくりしています。
  • 使い始めて数日で気になっていた脇のブツブツが綺麗になってきました。

 

このようにアットコスメでも黒ずみに対して効果があると口コミしてる方がかなりの人数いました。

 

アットベリーの口コミ・ネット編

 

他にもネット上でアットベリーに対してや口コミをしている方がたくさんいるのでまとめてみました。

 

  • 脇の黒ずみが気になってアットベリーを試しましたが、2ヶ月ぐらいで脇の黒ずみが少し薄くなってきました。
  • ワキが黒ずんでいることに気付いてアットベリーを使い出しました。これまで他の商品を使って余計に黒ずんだり肌が荒れたことがありましたが、アットベリーを使い出して2ヶ月くらいで変化が見えてきました。
  • アットベリーを使い出して1、2週間で脇の黒ずみが薄くなりだした気がします。
  • アットベリーを塗りだしてから2週間から3週間の間で黒ずみに変化が出たのを感じました。

 

このように実際にアットベリーを脇の黒ずみに使って変化が見られたとか、黒ずみが薄くなったと感じた方の口コミがたくさんありました。

 

脇の黒ずみに限らず、アットベリーを使った方の口コミには、脇のブツブツや二の腕のブツブツ、膝や肘の黒ずみなどに対する口コミも多いですね。女性が誰にも言えず、ひそかに悩む体の部位の黒ずみがアットベリーを使って少しでも良くなったというレビューが多かったです。

 

薬用アットベリージェルの使い方

薬用アットベリージェルの使い方をまとめました。アットベリーは脇の下、ヒジやヒザの黒ずみ以外にもいろいろな使い方があります。それらをまとめてみました

 

アットベリーをデリケートゾーン・Iライン・V ラインに使用

デリケートゾーン、陰部、いわゆるI ラインやVラインは黒ずみが非常に気になるところですね。常に人に見せるところではないけれど、水着になるときや彼氏がいるときにはとても気になるところです。

 

このような部位にもアットベリーを使うことで黒ずみが薄くなる効果が期待できます。特にこのような場所は元々自分でケアをすることがあまりないでしょう。だから逆にケアをすることでその効果が出やすい部位でもあるのです。

 

実際にネット上で、デリケートゾーン、陰部、I ライン、V ラインにアットベリーを使ってみて、こんなに色が明るくなったとか黒ずみが薄くなったと効果を公開している方はさすがにいませんでした。
しかし、肘や膝と同様黒ずみが薄くなることは充分あるでしょう。

 

私は、まず脇の黒ずみが一番気になっていたのでデリケートゾーンまでは気が回りませんでしたので使いませんでした。
それに、同時にいろんな場所にアットベリーを塗ると乾燥させるときに手間がかかるなという気持ちもありました。

 

アットベリーをちくびの美白に使用

アットベリーを使うとちくびの黒ずみも使用できるのかと思っている方も多いようです。ピンク色の乳首には憧れますよね。でも乳首のビフォーアフターの画像をネットに載せるわけにはいかないので、やはりこれも見当たりませんでした。

 

しかしちくびの黒ずみに対する薬用アットベリーの効果を口コミしている方はいました。

 

  • アットベリーを塗るようになって10日くらいで色が薄くなってきて、3週間くらいたったらピンク色になりました。

 

画像がないので話半分で聞いたほうがいいかな?とは思いますが アットベリーのパンフレットにも乳首(バストトップ)の黒ずみの改善に使えると書いてあったのでまずは気長に乾燥を抑えるということからはじめてみてもいいのかなと思います。

 

アットベリーを顔に使用

アットベリーを顔に塗っても大丈夫なのか、気になる方も多いかもしれませんが、結論から言うと大丈夫です。

 

アットベリーはもともと敏感肌の方の美白保湿ジェルとして開発された商品なのです。だから顔に塗っても大丈夫です。それぐらい安心で低刺激のクリームで、デリケートな脇の下やIライン・Vラインなどデリケートゾーンにも使えるから、専用商品として改めて販売されたのですね。

アットベリーのクリームのにおいや脇の臭い対策

アットベリーを使ってクリームのにおいがどうだったのか、また脇の臭いが強くなったりしないのか気になる方も多いようです。

 

まず、アットベリーのジェル自体のにおいはほとんどありません。ほんのりローズの匂いがしますが、全然強くないので妊娠中の方でも気にならないで使えるでしう。毎日塗るものだしあまり強いにおいがすると塗るのに飽きてしまいますよね。

 

でもアットベリージェルに対してはそのような心配は不要です。

 

次にアットベリーを塗ることで脇のにおい対策はどうすればいいのかでしょうか?

 

アットベリーを塗ると脇の臭いが強くなるのではないかと心配な方もいるかもしれません。夏場は8×4エイトフォーやバンBanといった制汗剤を使っている方も多いでしょう。

 

私は、アットベリーを脇に塗って外出しないときは、そのまま何も制汗剤をつけてませんでした。家の中で汗をかくこともありますが、それでも脇の下から変なにおいがすることはありませんでしたよ。

 

アットベリーには臭い対策になる成分も入ってるので外出する時でも特に何もしなくてもいいかもしれません。でも私は心配なので外出する時はアットベリーを持った上から普通に制汗剤を使っていました。

 

制汗剤でも塗るタイプとスプレータイプがありますが私はスプレータイプを使用していました。その方が直接脇に触れないので塗りやすいかなと思ったからです。これはどちらでもいいような気がします。

 

とにかく、アットベリーを脇の下に使ったからといって変な臭いがすることはありませんので安心して使ってください。

アットベリーの効果

アットベリーにはなぜ脇の黒ずみを美白できる効果があるのでしょうか?その秘密をまとめました。

 

18種類の美白成分が入っている

 

 

薬用成分と共に美白や保湿・抗菌に働く植物成分が18種類も入っています。だから、アットベリーを使って脇の黒ずみに効果を実感できる方が多いんですね

 

浸透力が高い

 

 

アットベリーはナノ化されているので成分が肌の角質層まで浸透しやすくなっています。いくら良い美容成分がたっぷり入っていたとしても肌に浸透しなければ効果を発揮することができませんね。

 

その点、アットベリーは浸透力でそれをクリアしているのです。

 

肌の表面をベールで覆う

 

 

肌の奥に成分が浸透してもそれがすぐに蒸発してしまっては脇の黒ずみを改善することができません。アットベリーは一部の保湿成分を大きな分子のまま残しているので、肌の表面でフタのような働きをし、潤いを逃さないようになっているのです。

 

保湿力でバリア機能アップ

 

 

バリア機能という言葉を聞いたことがある方も多いと思います。肌表面にある角質層が乾燥と外部刺激から肌を守る役割をしています。このことをバリア機能と言います。
肌が乾燥して外部刺激を受けやすい肌の方はバリア機能が低下しています。

 

アットベリーは保湿力が高いのでバリア機能を充分働かせることができます。

 

2番から4番の効果をまとめてアットベリーではトリプルサンド方式ケアという言い方をしています。

 

医薬部外品の認定を受けている

 

 

アットベリーは医薬部外品の認定を受けています。
化粧品の種類は3種類に分かれています。医薬品・医薬部外品・化粧品です。

 

化粧品は効果効能を謳うことができません。医薬品は病気の治療を目的した薬のことです。

 

医薬部外品とは医薬品と化粧品の間に位置するもので、有効成分が配合されているので効果をうたうことができるのです。

 

アットベリーの効果効能まとめ

 

  • メラニンの生成を抑えシミやソバカスを防ぐ
  • 肌荒れ
  • あれ性
  • あせも・しもやけ・ひび・あかぎれ・ニキビを防ぐ
  • 日やけ・雪やけ後のほてりを防ぐ
  • 肌を引き締める
  • 肌を整える
  • 皮膚を健やかに保つ
  • 皮膚に潤いを与える
  • 皮膚を保護する
  • 皮膚の乾燥を防ぐ

 

医薬部外品なので、以上の効果があるとアットベリーははっきりうたうことができるのです。
だからアットベリーを使って脇の黒ずみにも効果を実感している方が多いのでしょうね。

アットベリーの成分

アットベリーにはたくさんの成分が含まれています。

 

有効成分

  • グリチルリチン酸ジカリウム
  • 水溶性プラセンタエキス

 

その他の成分
トレハロース、アラントイン、天然ビタミンE 、カンゾウフラボノイド N-ステアロイルフィトスフィンゴシン加水分解エラスチン液、水溶性コラーゲン液4、加水分解コラーゲン末、ヒアルロン酸Na2、加水分解ヒアルロン酸、人参エキス、当帰エキス1、エイジツエキス、ワレモコウエキス、クワエキス、シャクヤクエキス、アロエエキス1、クララエキス1、カルボキシビニルポリマー、水酸化カリウム1、3-ブチレングリコール、フェノキシエタノール1、2-ペンタンジポール、トリメチルグリシン、濃グリセリン、キサンタンガム、モノステアリン酸ポリオキシエチレンソルビタン、2−エチルヘキサン酸セチル、精製水、香料

 

アットベリーの5種類の美白成分

 

アットベリーには5種類の美白成分が含まれています。

美白成分 期待できる効果
プラセンタエキス シミやソバカスを防ぎ代謝機能を促進
グリチルリチン酸ジカリウム 皮膚再生機能や抗炎症作用がある
カンゾウフラボノイド メラニンの生成・活性を抑える
トウキエキス メラニンの生成・活性を抑える
エイジツエキス メラニン細胞の増殖抑制、消炎、血行促進

 

アットベリーの6種類の保湿成分

 

アットベリーには6種類の保湿成分が含まれています。

 

保湿成分 期待できる効果
セラミド 保湿バリア機能、シミ・シワを防ぐ
コラーゲン 保湿、水分を抱え込んでみずみずしさを保つ
ヒアルロン酸 保水力に優れ、うるおいのある肌を維持
エラスチン 肌に柔軟性を与えながら保湿するので、弾力性がUP
トレハロース 高い保湿成分、細胞を保護、炎症を抑える
アラントイン 保湿成分、炎症を抑える、表皮細胞の増殖を促す

 

アットベリーの5種類の植物成分

 

アットベリーには5種類の植物成分が含まれています。

 

植物成分 期待できる効果
アロエエキス 保湿、抗炎症が期待でき、特に抗炎症が高い
シャクヤクエキス 皮膚のバランスを整えて肌を保湿
人参エキス 新陳代謝の促進、肌荒れの防止
クララエキス ニキビや肌荒れを防ぎ、保湿を促進
ワレモコウエキス 抗炎症、ニキビ、肌荒れ、低刺激成分

 

アットベリーの2種類の消臭成分

 

アットベリーには2種類の消臭成分が含まれています。

 

消臭成分 期待できる効果
桑エキス 抗菌効果が期待でき、雑菌の繁殖を防ぎます
天然ビタミンE

活性酸素の攻撃から細胞膜が守る働きがありますが
消臭・殺菌成分としても効果がかなり高い

 

アットベリーは7つの無添加

 

アットベリーは肌に刺激のある成分を7つも無添加にしています。

 

  • 着色料
  • シリコン
  • 石油系界面活性剤
  • 紫外線吸収剤
  • 鉱物油
  • アルコール
  • パラベン

 

だからアットベリーは敏感なお肌の方でも使えるようになっています。

 

さらに、パッチテストといって肌に化粧品を貼ってテストする方法を実施済みです。
本当に肌が弱い方は自分で事前にパッチテストを行わなければいけませんが、普通の肌質の方ならパッチテストを行うことはないでしょう。それでも事前にこうった調査をしてくれているので安心してアットベリーを使うことができますね。

 

アットベリーを紹介している雑誌やサイト・エステサロン

アットベリーはたくさんの雑誌やサイトに紹介されています。

 

例えば雑誌ではJJ、Mart、Ray、UP、女性自身などに紹介されています。

 

また、サイトではスキンケア大学という医師が監修しているサイトに黒ずみ対策の商品として紹介されています。

 

このように多くのメディアやブログなどで紹介されているのですね。それだけ多くの方がアットベリーの効果を実感しているからだということがわかります。

 

さらに、アットベリーはミュゼプラチナムという脱毛エステサロンで取り扱われているのです。

これってすごくないですか?

 

ミュゼの名前を聞いた方は多いと思います。脱毛エステで超有名なチェーンですよね。脱毛した後には脇の黒ずみが気になる方は急激に増加します。
そこでアットベリーを紹介するのは、アットベリーがエステサロンにも認められている、何よりの証拠なのです。

 

アットベリーは薬局などで市販されてる?通販で購入するなら最安値はアマゾン・楽天・公式サイト?

アットベリーは薬局などで市販されているのでしょうか?また、通販サイトで購入するなら、アマゾン、楽天、公式サイトのどこが最安値なのか、送料も含め、調べました。

 

アットベリーは薬局で市販?

 

残念ながらアットベリーは通販専用の商品です。だから薬局やドンキホーテ、ロフトなどでも販売されていません。

 

試しに自宅近くのドン・キホーテやロフト、マツキヨ等を探してみましたが、やはりアットベリーは販売されてませんでした。販売されてたとしても、店頭でこういった商品を買うのはちょっと恥ずかしいですね。

 

アットベリーを買うなら通販サイトを利用するしかありません。

 

アットベリーを通販で購入するなら最安値はアマゾン・楽天・公式サイト?

アットベリーを通販で購入する際、最安値で購入できるのはアマゾン・楽天・公式サイトのうちどこなのでしょうか?
まず、アマゾンの価格を調べてみましょう。

 

アマゾンでは6350円配送料無料で販売されていました。

 

楽天でもアットベリーは販売されていました。

楽天では7800円で送料別で販売されていました。かなり高いですね。

 

楽天でもアマゾンでも、アットベリーの販売店は公式サイトではないのでかなり高価格になっています。

 

薬用アットベリージェルを最安値で買いたいと思ったら公式サイトが一番です。
公式サイトですと初回2980円で送料無料で購入することができます。これがダントツで最安値です。

 

ただ、これは定期購入の価格になっています。
最低購入価格は2回なので少なくとも2回は購入してください。

 

実際に脇の黒ずみをよくするためにはある程度の期間続けてアットベリーを使うことが何よりも大切です。

 

アットベリーは単品で購入可能?

アットベリーを単品で購入することも可能です。その場合6800円と送料が650円かかります。合計7450円ですね。
どうしても定期購入が心配な場合は単品で買う方がいいでしょう。

 

でも2ヶ月定期購入した場合も2980円+5440円で送料無料なので合計8420円になります。差額は970円なので少ししか価格が変わりませんね。

 

たった970円の差額で2ヶ月間たっぷりアットベリーを使うことができるならば、定期購入のほうが断然オトクです。

 

アットベリーの返金保証制度と定期購入解約

アットベリーの返金保証制度と定期購入解約の方法についてまとめました。この辺りをしっかり確認して安心して購入したいですよね。

 

アットベリーには返金保証制度があり?

アットベリーには返金保証制度があります。初回購入時に限りますが、180日間の返金保証制度がついています。もしも使ってみて肌に合わないなどの問題があった場合は返金してもらいましょう。

 

その時の手続き方法をまとめました。
まず返金には注意点があります。

 

  • 返金はアットベリーを販売している株式会社ファーストフレンズが販売している商品について1人1回限りになります。
  • 複数の注文をした場合は、返金の対象は使用分のみになります。
  • 買い上げの際の送料・支払手数料・返送の際の送料は返金対象外です。
  • クーポンを使用した場合はそのクーポンは換算しません。
  • 返金期間は初回お届け分が手元に届いてから180日以内です。
  • 返金口座番号は正しく書きましょう。

 

ズルしないように当たり前のことが書かれていますが、これらのことを踏まえた上でメールまたは電話で問い合わせをしましょう。

 

返金連絡先

 

株式会社ファーストフレンズ
■電話でのお問い合わせ:0120-910-162(平日10:00〜19:00)
■メールでのお問い合わせ:info☆menina-joue.jp ※(☆)を@に換えてメールを送ってください。

 

電話だけでなくメールでも返金できるのは安心ですね。その後、返金申請書が株式会社ファーストフレンズから送付されますので、返金受付先まで郵送しましょう。その後20日以内に返金されます。

 

アットベリーの解約方法

アットベリーの解約方法についてまとめました。

 

アットベリーを定期購入した場合、いつか必ず解約することになりますね。その際、どうやってすればいいのでしょうか?

 

解約の場合も返金と同様電話で行います。 平日の10時から19時までの受付になっていますので注意してください。

 

私は今まで脇の黒ずみが気になって好きな洋服を選べなかったし、水着を着るのも恥ずかしかったです。
でも、今では堂々と着ることができるようになりました。

この感覚をぜひ皆さんにも味わってほしいと思います!